FC2ブログ
youtubeでlive配信をメインに行っています。youtubeのチャンネルはこちらhttps://www.youtube.com/channel/UCuQePg2TtVj_s_Zusr3un1g
プロフィール

viOthing

Author:viOthing
youtubeとopenrecでlive配信をメインに行っています。
openrecのチャンネルはこちら↓
https://www.openrec.tv/user/viothing
youtubeのチャンネルはこちら↓
https://www.youtube.com/channel/
UCuQePg2TtVj_s_Zusr3un1g

「Amazon.co.jpアソシエイト」、または「viothingは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

初心者講座 
1by2(ワンバイツー)って何?
聞きなれない言葉だと思います。
俺もシャドウバースを始めてから聞きました。
メジャーな言葉なのかどうかはしりません。。。

前回の有利トレードの話から継続した話になりますが、
今回の1by2については有利トレードの指標のひとつとして考えてください。
 前回の講座では主にモンスターカードを使用した有利トレードの話をしていましたが、
今回は除去スペルや特殊効果も含めた有利トレードの話をします。
 シャドウバースというのは手札を使用することによってモンスターを召喚したり
相手の盤面を除去するスペルを使用したりします。
 そこで使用するカードの枚数で有利か不利かを判断するのが1by2という概念なのです。
 こちらがカードを1枚使用しモンスターを召喚したとします。そのモンスターを除去、
するのに相手は除去スペルカード+1枚のモンスターカードを使用して除去したとします。
これは1by2が成功しています。盤面上の有利、不利は変わっていなくても手札の
枚数が相手側が1枚減っています。手札が減るということはそれだけ取れる選択肢が
減るためこちらが有利になっています。
 ヴァンパイアの緋色や剛拳が強い理由はここにありました。
1枚のカードで 「効果で除去」+「進化で上から取る」+「相手のターンで反撃で相打ち」
1枚のカードで相手のカード3枚を使用させているのがわかりますね。
 2ターン続けてこの動きが出来るために中盤で手札枚数や進化権で有利を取れていたのが
前環境のヴァンパイアでした。
 結論なのですが盤面以外にも手札のアドバンテージを意識した立ち回りを
出来るようになるとマスターに近づけると思います。
 今回の話はちょっと難しくマスターになるにはあんまり考えないでいいかもしれない
話ですが、グラマスを目指してる方には必要になってくる話なのではないでしょうか。
今回の話を一言で言うと下記になります。
「1枚のカードで相手のカードを2枚使わせることは勝利への道」






2017/09/06 16:25 初心者講座 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム